メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  次へ / 戻る
 

夜行列車でアスワンへ

起きたら、まだ電車は線路を走っていた。

ふと止まった駅の名前を確認すると、Edfuというところのようだ。

川岸にはフェリーが沢山止まっていて、これがナイル川クルーズなのだなあ、と思う。

ナイル川を見つつ、電車は進んでゆく。

カイロ市内でもナイル川クルーズと称してツアーが企画されているが、その多くは川を少し渡って終わりのようだ。

しかし、ここ上ナイルに来れば、数日にも及ぶナイル川クルーズが楽しめる。

私は時間の関係でクルーズは行えないが、機会があればやってみたいものだとは思う。

エジプトのことだから、かなり高いと思うが。暴利なほどに。

9時15分、いよいよ電車はアスワンに到着。

さてどうしようかと思ったが、とりあえずは宿を決めることに。

入り口がちょっと綺麗だったので入ってみたのが、割と川に近いRAMSES HOTEL ASWANというところだ。

ここは65ボンドで窓からナイル川も見ることができる。


← 窓からの景色


なかなか良いところ。

シャワーも個室についているのがポイント高い。
カイロの動揺の値段に比べてかなり良いと思える。

さて、これからどうしようかと考え、フロントからいろいろ聞き出す。
どうやら、イシス神殿のあるPhilaeとアスワン・ハイ・ダムが見所らしい。

ホテルのフロントが呼んでくれて、2時間で65ボンド。
でも、3時間でも良いと交渉したが、結局は頼まずに、とりあえず外に出てみた。

まずは町をぶらつく。

裏道を。

特に危険は感じない。


のんびりとした町だ。

買い食いをしたり、サンドイッチを買ったりした後、駅前に行って同様のスタイルでいくらかを聞いてみた。

最初、アスワン・ハイ・ダム(いわゆる「ハイ・ダム」)とPhilaeに行って3時間で50ボンドと言ってみたら、話をしていた2人のエジプシャンが おーお と微妙な顔をした。

鋭いところを突いてくると思ったのか、さほどぼったくることなく、70は欲しい、と言って来た。

更には、4時間でいいという。

それに加えて、ソビエト・エジプト・記念館(Soviet-Egyption-Memorial)とUnfinished Obeliskというところにもよるとのこと。そうなれば、ホテルのフロントの条件よりも遥かに良いので、この人に頼むことにした。

そして、2人の間でアイコンタクトがあり、太っちょの黒人が案内してくれることに。

 

 

 

  次へ / 戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]