メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  次へ / 戻る
 

アブ・シンベル神殿

朝3時に起こしてもらい、アブシンベル行きの用意をする。
荷物をまとめ、ロビーへ。
先日の担当者が姿を現し、更に30分ほど待たされた後、出発をする。


車は、小さなミニバンだった。17人くらい乗れるだろうか。
その中に、押し込まれた。 はっきり言って、狭い。

どうやら、後ほど判明したのだが、このUS68ドルのツアーは安い部類らしく、60ユーロ出すと中くらいのバス、80だか90ユーロ出すと大型バスになるらしい。

更に、中型バスと大型バスの場合はガイド付らしい。なるほど。私は安いツアーに参加してしまったのだと思う。おかげで足元が狭くて、ぎゅうぎゅう詰めといった感じだ。

とりあえず行ける事になっただけでも良いのではあるが。


ホテルを出発し、少し走ったところで一度集合、その後、45台ほどのコンボイになってミニバン、中型バス、大型バスと一緒になって一気にアブシンベルを目指す。

この、多数の車が一気に走ってゆくのを横目で見れるのは、なかなかない経験で楽しいものだ。

一気に突進してゆく車の群れ。

300kmほどアスワンから離れているが、そこまでは高速道路のような良い道がずっと続いているため、ほぼノンストップで一気に駆け抜ける。

そのおかげで、わずか2時間半で付いてしまう。

だから、飛ばす飛ばす。


最初は私の乗った車はあまり飛ばしていなかったのだが、日が出て明るくなると同時に一気に飛ばし始めた。作戦なのか何なのか、かなり早いほうに付いた。

その頃には、足元が窮屈でかなりきつく、降りたときには筋肉痛も相まって、少しフラフラになる私。

でも、遠くにアブシンベルの後姿らしきものが見えると、いよいよ来たのだと感じる。

このアブシンベルは、アスワン・ハイ・ダムが出来るときに湖の底に沈むはずだったものをここに移設したのだとか。

だから、後ろは張りぼてのようになっており、表に石像と洞窟がセットでそれぞれ2つが再現されている。

最初、後ろから近づいたとき、こりゃやばいところに来てしまったな・・・ と少しテンションが下がり、入場料の80ボンドに ボッタクリ を感じたが、表に出て大きな石像を見た瞬間、その思いもどこかへ吹っ飛んでしまった。

こりゃ凄い。

来たかいはある。

費用対効果は不明だが、遺跡は感動すること間違いなし。

ロマンを掻き立てるこの遺跡!

ツアー料金は少し高いが、まあ、良いかなとも思ってしまう。


敷地のスケール的には少し狭いが、それでも、この迫力には圧倒される。

洞窟の中の壁画。


太陽神ラー かな?

壁画がきちんと残っている。

アブシンベルは2時間の見物時間があるが、これまた微妙に設定されていて、ちょうど十分な時間だ。

私が入ったときはまだ混んでいなかったが、暫くすると続々と人が訪れ、遺跡の中は人だらけになってしまった・・・・。

上の壁画も、もう少し遅い時間だと人ごみで写真どころではなかった。
早い時間に着いたからこそ撮れた写真だ。

暫くすると、空から次々と飛行機が舞い降り、飛行機に荷物を置いたまま2時間の見物をするのが定番のようだ。その人たちも次々と訪れる。

私がアスワンから来るまでのツアーにしたのは、ある意味正解だったかもしれない。 この混雑に巻き込まれる前のアブシンベルを見れたのだから。

周囲に広がっているナセル湖。

そして、見終わった後は、定番のお土産や攻撃が待っている。特に買う物もないので攻撃をかわし、車へと戻る。

そして、再度コンボイになってアスワンへと帰ってゆく。

これまた飛ばす飛ばす。


行きもそうであったが、相互に1車線づつしかないのに対向車がほとんどいない。それをいいことに、2車線丸々使って飛ばしまくる。

カーブは中央を走るのが当たり前。

でも、それがエジプト風であると感じる。


帰る前の時間があるときに、車の運転手に他のバスのツアーの値段を聞いたのだが、何故か、運転手も助手席の人もテンションが低かった。

恐らく、こき使われているのだろう。

2時間しか寝ていないといっていた。
毎日アスワンからアブシンベルまで走っているとのこと。
朝と夕方と、2回に分けて人を運ぶのだという。

聞き間違いでなければ、朝来て、夜も来て、2時間寝て、といったことを延々と繰り返していることになる。 こき使われているな・・・。と思う。

 

 

 

  次へ / 戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]