メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  次へ / 戻る
 

ルクソール西岸・王妃の谷(The Valley of the Queens)

今日は、朝7時に起きてルクソール西側の散策をする。
ツアーに参加するので、それに合わせて起きる。

ツアーは、英語のガイドが着いて、ミニバスで行く。
少し移動したところで合流し、出発だ。

でも、走り初めてすぐ、聞いていたことと違うことが分かる。

5から6人ということで追加料金を支払っていたのに、どんどんと数が増えて13人+ガイドになった。

最初30ボンド、半々に折半して15ボンドを追加料金で支払ったのに、まさかこうなるとは。 奪い返さなくては。 お金の額はたいしたことがないが、きっちりしていないのが気に食わない。

狭いバスに押し込まれ、足元が狭かったが、そんなに遠いところに行くわけではないので、我慢してゆく。

ガイドはおしゃべりであり、ジョークが微妙なことを除いてはまあまあだった。 なまりに慣れなくて、最初は言っていることがいまいち分かりづらかったが、次第に慣れてきた。

ルクソール市内から南へ7kmほど走ったところにある橋を渡り、向こう岸へ。 そのときに説明されたのが、砂糖の畑がテロリストの隠れ場所になるから道路に近いところには栽培できないこととか、キャベツがとても大きいとか、ざっくばらんに説明してくれた。

大抵のツアーは王家の谷から先に行くのでとても混雑するが、混雑を避けるために我々は王妃の谷(The Valley of the Queens)から行く。

ここは小さな墓だが、ツアー客がやがて押しかけてくるのを避けるため、空いているところを観光する、とのことだ。 勘でしかないが、騙されている気がする・・・。本当にそうであれば、同じように考えるグループが他にも多数いるはずだ。

周囲は本当にガラガラである。 でも、そんなことはあまり考えないようにする。

ここは小さいが、どうやらここがネクロポリスの中でもかなり綺麗な壁画が残っているところであるようだ。

英語の説明が所々分からないところもあるが、大体の概要だけつかむ。 まだまだ英語ができないと感じる。なまりのせいかどうかもわからないのはまだ未熟だからか何なのか。 次第に慣れてはきたが。

そして、王妃の谷(The Valley of the Queens)を離れ、いよいよ王家の谷へ。

 

 

 

  次へ / 戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]