メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  次へ / 戻る
 

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂(ヴィットリアーノ)

近くからヴィットリアーノを見上げる。

ここは、どうやら、”タイプライター”とか”ウエディングケーキ”とかいうあだ名が付けられているようだ。 ローマ中心部に建てられた近代建築の中では最大のものらしい。

銅像が、とてもりりしい。

ヴィットリアーノの周囲には古びた建物が遠くまで広がっている。

立派な銅像。

天使の像。

周囲に広がる市街と、白い天使の像。

天使の像を見上げる。

旧市街の数々。

旧市街の数々。

ヴィットリアーノを登ると、そこにはこのような回廊が。



地上から数十メートルのところに続くこの回廊は、「見事」の一言だ。

回廊から、市街を眺める。

回廊からの景色。

そして、ヴィットリアーノを離れる。


それにしても、このような巨大な建造物を見た日本人の先人たちが何を思ったのか・・・ といったことに思いを馳せた。 それにしても巨大だ。 柱もそうだし、その天井に描かれた壁画、そして天井の上にすら彫像が飾られている。 それもどれも、半端な大きさではない・・・。

そして、ヴィットリアーノを離れ、やがては宿の方面へ。


目の前にコロッセウムも見えてきたが、時間もそろそろ夜なのでまた後日にすることにした。 明日、コロッセウムでオペラ観劇なので、その前にでも見れば良いと思った。

そして、宿の周囲をぶらぶらとする。 

ピザを食べ、ふと歩いていると、教会でオペラのコンサートを行うとチケットを売っているではありませんか。 少し考え、1枚購入した。

そして、時間もあったのでスーパー(これまた分かり辛い地下にあるスーパー)に寄り、水とジュースとバナナを買い、一度部屋に戻ってからオペラを聞きに行った。

これまた・・・・ 素晴らしい。


こんなにもオペラが素晴らしいものであったとは。 惚れ惚れとしてしまった・・・。

この教会の音響が良いのか、或いは、楽器と歌手の声が素晴らしいのか。 どちらにせよ、とても深く染み入るように滑らかな演奏と、深くそして高らかに歌い上げる4人のオペラ歌手の歌声に、聞き入ってしまった・・・。

これで20ユーロ、3000円しないくらいなのだから安い。 こんなにも近くで、こんなにも小さな会場で生演奏を聞かせてもらうなど、まったく、贅沢というものだ。 さすがはローマだ・・・。

東京のオペラシティで聞いたならいくら必要なものか・・・。

そんなこんなで、1時間もあっという間であった。 オペラに聞き入り、そして、その余韻に浸りつつ、ホテルへと戻った。

明日はどうしようか。 とりあえずヴァティカンに行き、空いている間に美術館を観劇できたら、と思う。

 

 

 

  次へ / 戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]