メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  次へ / 戻る
 

ヴァティカンのサン・ピエトロ大聖堂へ

朝、6時に目が覚めた。

隣の人のシャワーの音が聞こえている。 目覚ましのアラームは既に4回目に突入していた。

軽くシャワーを浴び、着替え、出発をする。

さて。 今日はヴァティカンだ。 テルミニ駅(ローマ中心の駅)の近くで朝食を取る。

カフェラテとクロワッサンを食べる。

コーヒー飲まない私なのに、カフェラテがかなり好きになってきた感じだ。

駅前の ”バール” のカウンター姿。

そして、食事をしてから、地下鉄に乗り、ヴァティカン近くへと向かう。 地下鉄は、落書きが凄かった・・・。 停止と発信も急だし、安心運転の日本の電車に慣れた私としては、体を左右に少し揺らされてしまった。 ふと、周囲の目線が気にかかる。 珍しいからか、或いは、隙を狙っているのか・・・。 特に何もなく降りることができた。

そして、ヴァティカンへ。

ロンリープラネットによると、ヴァティカン最寄の駅はヴァティカンの美術館前の駅とのことであったが、そこは本当に美術館の前であり、ヴァティカンのサン・ピエトロ大聖堂はここから少し歩いたところにあった。 どうやら、一つ手前の駅で降りても同じくらい歩くようだった。

それにしても、ヴァティカン美術館の入場待ちの列が凄い・・・。


1時間後には、更に凄い行列を見ることとなる。

美術館入り口の上の像。

まだヴァティカン美術館はやっていないようだったので、美術館入り口を離れ、サン・ピエトロ大聖堂へ。

何やら、大きな柱が見えてきた・・・。

これまた凄い。

柱の向こうに、サン・ピエトロ広場が見える。

柱の手前から見たサン・ピエトロ広場。


サン・ピエトロ大聖堂の前に広がっているのがサン・ピエトロ広場である。

柱の手前から遠くに見えるサン・ピエトロ大聖堂。

この広場がまた・・・。 大きい! この大きさは、一見の価値がある。

どこかで見たと思われようが、ありきたりだと思われようが、実際に見た時のこの感覚を思うと、やはり経験というものは大切だと思い知らされる。

写真では「大きさ」は伝わってこない。 それが、ここに来るとまじまじと理解できる。

広場の中心にあるオベリスク。

これは、カリグラ帝が古代エジプトのヘリオポリスからローマへと持ち帰ったものらしい。 それを聞くと、とても微妙ではあるが・・・。

 

 

 

  次へ / 戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]