メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  次へ / 戻る
 

ヴェネチアへ

今朝は、朝食の時間の少し前に起き、支度をし、朝食を済ませた。 これまたカプチーノがおいしい・・・。 朝食後、荷物の最後の片づけをし、宿を出発する。

今日は、昨日までの予定ではヴェローナに行くつもりであった。 だが、今朝起きてみたら、そのままヴェネチアに行ったほうが良い気がしてきた。

近くのバス停からバスに乗り、鉄道の駅を目指す。 昨日は1ユーロであった乗車券が、運転手から買ったら1.5ユーロだった。 先に買っておくと安いのかな??? とも思った。やがて、鉄道駅に到着をする。

さて。 どうしようか・・・ と思い、とりあえずヴェネチアの宿に電話をしてみることにした。 まずはユースホステルであるが、部屋は空いているものの、電話の予約は受け付けないとか。 仕方が無いので違う宿へ。 次に電話したところがいきなりドンピシャで2泊分の予約をすることができた。 しかも相部屋が23ユーロである。2泊で46ユーロ。 先日にヴェネチアへ行った際、1泊100ユーロの部屋に泊まるかどうか悩んでいたのが嘘のようである・・・。

これで悩みもなくなったので、いざ、ヴェネチアへ。 さすがに、元々はイタリア目的というよりかはヴェネチア目的で来た旅であったので、先日の数時間の滞在で微妙な感覚を覚えたからといって、ヴェネチア行きを止めるわけにもいかない。

ローカル電車(2.5ユーロ)に乗り、ヴェネチアへ。

さて。 ヴェネチアに到着。


すると・・・・。

先日とは全く違った気持ちが私の中に沸き起こっていた。

ここは、なんと晴れ晴れとした土地だ。

湾の汚れも、先日とは違い、ほとんど気にならなくなっていた。 川の汚れなど、こんなものだと思えば、こんなものだろう。

ちなみに、ロンプラには以下のような説明があるが、まさに的を得た説明であると思える。

 何世紀にもわたり、作者や旅行者からこれほど多くの賞賛を受けている都市は、ヴェネチアをおいて他にはないだろう。
 現在のヴェネチアはもはや偉大な海運共和国でもないし、市内の建造物の衰退ぶりは深刻で、つねに高潮の脅威にさらされているが、そんなことはひとまず忘れよう。 あまりにも汚れてしまった現在の大運河では、バイロンも日課の水泳をしようとは思わないかもしれないが、1世紀前のヘンリー・ジェームズの言葉は現在もあてはまる。「愛すべき古きヴェネチアは、肌の色つやや容姿は衰え、かつての名声や自尊心はどこかへ消え去ってしまった。しかしなお、不思議なことに、その風格は少しも損なわれてはいない。”最も高貴な共和国 La Serenissima”と呼ばれたヴェネチアは、今も昔も唯一無二の場所なのだ。(ロンリープラネット・イタリア P426)

さて、まずは宿(Alloggi Calderan and Casa Gerotto)に荷物を置きに行く。

2つの宿を経営しているようで、表示が微妙に違ったが、あまり気にせずに入る。

典型的な安宿であるが、フロントの作りはかなり綺麗さを感じさせる。尚、後ほど入った部屋の中も十分に綺麗だった。かなりの上宿である。

ちなみに、この宿へ行く途中、数人の日本人カップルとすれ違ったが、そのいずれも微妙な顔つきをしていた・・・。 うんざりしたような、そんな顔つきである。 私も、ロンリープラネットがなければ1泊1万5千円以上もする宿に泊まっていたかもしれないと思うと、そんな顔つきをもしかしたらしていたかもしれない。
今夜の宿

荷物を置いた後、散策を始める。


まるで迷路のような路地である・・・。 でも、そうやって過ごす時間が、なんて贅沢なのだと思える。

ヴェネチアで有名な「仮面」。

たくさん売られている。

そして、散策を。

川の流れを横切りながら。

お店が見える。

凄い人ごみ。

市場の中を。

散策する。

歩いて行く。

家々の並び。

水路。

更に散策。

水路には、このようなゴンドラが。

空を眺めて。

通路を、歩く。

水路を横切りながら。

時計台。

通路と、橋と。

細い道を歩く。

広い道を。

 

 

 

  次へ / 戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]