メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  次へ / 戻る
 

カラクルム遺跡(Calakmul) へ移動

今日はカラクルム遺跡(Calakmul)のツアーに参加する。

ツアーとは言ってもガイドはなく、移動手段のみの提供である。それに、ガイドブックに書いてあった3箇所ではなく2カ所へのツアーとなる。同ガイドブックにはカンペチェ帰宅が9時頃と書いてあるが、ツアー代理店のおじさんが言うには7時にカンペチェであると言う。そういうことであれば8時のベラクルス行きADOバスにも間に合うな・・・ と思って、22時のADOバス予約を行わなかった。今日の夜、これが結局満席だったので細かく乗り継ぐことになるのだが。

それにしても静かだ。

ホテルの名前を伝えることができなかったので、約束通り代理店の前で待つ。

6時少し前から待ち、15分ほど過ぎた頃に、先日予約を行った代理店のおじさんが現れた。 すると、乗る車はすぐに来るという。 ここで代金の850ペソを渡す。 おじさんは再度、泊まりのツアーにしないのかと聞いてきたが、"行きたいが時間が限られている"と答えたら納得してくれた。

そして現れたのが普通の乗用車。フォルクスワーゲンの少し古い型のようだ。 予感が的中した。 3人だと言っていたのできっとこのくらいの車になるだろうと思っていたのだ。 そして、先日予約した時点では3人だったのが、4人に増えている。 これは危ないと思い、前の席を確保した。 まだ空いていてラッキーだった。 エジプトのアブシンベルツアーの二の舞になるところだった。 私が乗り込んだときは既に後ろにメキシコ人夫婦が2人座っていて、夫の方は片言の英語が喋れるようだった。

そしてもう1人乗り込むのかな・・・ と思って違う宿の前に行ったが、代理店のおじさんもそこに移動していて、しばらくした後にそのまま走り出した。 スペイン語がわからないのでやりとりが全くわからないが、きっと残りの1人は違う車で行くのだろうと予想する。(それは当たっていた)

そして、車は走り出す。


明け方の空いた真っ直ぐな道を、車は快適に飛ばして行く。

途中で看板が見えてきた。カラクムル遺跡までは250km以上あるようだ。途中の看板がこれなので、カンペチェからはもう少しあるのだろう。 それを1日で移動するのだから、やはりアブシンベルほどではないにせよかなりの移動距離になる。

まず南下し、Francisco Escarcegaで西に方向を変え、カラクムルを目指すとのことだ。

次第に朝日が昇り、道がよく見えてくる。


そして8時過ぎまで約2時間走り、方向を変える地点である Francisco Escarcegaのレストランで一旦停車。 朝食及び昼食用サンドイッチを買い込む為だ。ここで朝食を食べていると、先ほどの代理店のおじさんも合流。 他にも5~6人の参加者がいるようで、別テーブルに座った。

頼むものや昼食に何を選ぶかはスペイン語が喋れない私は困難だが、後ろの席に座っていた夫婦の主人が適当なものを選んでくれた。 それにしても、朝食なのにきっちりと脂っこいものを食べるのだな・・・。 私はチキンの唐揚げのようなものを頼んだ。 お昼ご飯には小さなサンドイッチ2つを頼んだ。

そして、到着時間を簡単に確認し、再度、車に乗り込む。

ここから先も快適な道。 必ずしも高速道路ではないようだが、それにかなり近い。たまに民家近くを通り過ぎるときはスピードを落とさせるために段差が意図的についていることを除けば100km近い速度で車は快適に飛ばす。(段差はここだけではないが。)




周囲はジャングル。

カンクンからメリダに移動したときもジャングルの中だったが、ここもまたジャングルだ。 町あるいは集落を外れるとすぐにジャングルになる。 集落がジャングルに囲まれていると言ってもいい。





そして数時間走り、方角を南に変える。 ここからは細い道だ。 入り口に門番がいて、そこでこの区域に入るための入場料40ペソを払う。




ここから先はぎりぎり2車線の幅の、深いジャングルを抜ける道だ。 最初は真っ直ぐな道が多かったが、次第にカーブが増えて行く。



こんな曲がりくねった細い道を、約58kmほど進むことになるようだ。 今朝町にいて今はこのような奥深いジャングルの中にいることが、まだ感覚的にパッとしない。 このジャングルの中にひとたび放り込まれたらもちろん生きては帰ってこられないだろう。 しかし、こうしてツアーで運転手付の自動車に乗っていると、そういう危機感が薄れてしまう。 つい先日までカンクンのビーチにいたのにも関わらず、今はこうして奥深いジャングルの中にいる。 そしてその感覚はほとんど変わらない。 完全に安全だという錯覚さえ覚えてしまう。

視点を変えると、それはつまり、この国のツアーがそれだけレベルの高いものであるとも言えるかもしれない。 ツアーに参加すれば私のようにかかと付アウトドアサンダルでジャングルの中に遊びに来ることができる。 食料も昼食分しか持たず、非常食もない。 それだけこの国の観光整備がされているということのように思う。

ただ、それを支えるために、道の途中で何回も検問があって、運転手は身分証明書を何度も見せていたし、ジャングルの中に入るときは名前をチェックして全員無事にジャングルを出ているか確認していた。 そういう裏の仕組みがあってこそツアーが無事にまわっているのだろう。

そして車はジャングルの奥へと更に入って行く。10km、20km、30kmといつまでもこのような細い道を進む。

すれ違いもかなり少ない。

そして12時を越え、ようやくカラクムル遺跡(Calakmul)に到着。 長かった。 代理店の主人を乗せた車は先に出発していたので、やはり先に着いていたようだ。 予定では到着11時ということだったので、既に1時間以上遅れている。しかし、滞在時間は短くしないようで、ここで3時間の滞在をする。 やはり帰りが9時になる予感がしてきた。

建物のところで再度入場料を、たしか40ペソほど払う。

ガイドブックには入り口で英語の地図が買えるとあったが、地図は売っていなかった。 その代わりに、入ってすぐのところに地図の看板があり、それを元に代理店のおじさんが説明してくれた。

まず、私たち(私とメキシコ人夫婦)の参加したツアーは1日ツアーなので、滞在時間は3時間となる。 なので、どこそこのところでこちらに曲がる・・・ というような説明を受けた。 後ろにある遺跡群を見るには時間が足りず、1つ後ろを追加すると4時間、もう1つ後ろを追加すると5~6時間かかるという。 ということで我々は最小限のところだけまわるのであるが、聞いてみると、一番大きなピラミッドは回るということなので、ひとまずOKかなと思った。 このような詳細な説明をあらかじめ受けていたのであれば私はきっと1泊2日のツアーを選んでいたであろう。しかし、不幸中の幸いというべきか、結果からすれば、この後の日程も考慮するとここは日帰りツアーが十分だったようだ。

そんなこんなで、3時間の滞在を楽しむ。

 

 

 

  次へ / 戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]