メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  ”バンコクからプーケット”へ / 戻る
 

東京からバンコクへ

成田空港近くに前泊をし、午前中の便でタイに向けて飛び立った。

今回の航空券は大韓航空のソウル経由。以下のような日程だ。タイ国内はタイ国際航空便となる。

行き(8/7, 8/8)
成田(9:30)→ソウル(11:55), ソウル(16:50)→バンコク(20:20), バンコク(08:00)→プーケット(09:20)
帰り(8/14, 8/15)
ハジャイ(18:05)→バンコク(19:35), バンコク(00:10)→ソウル(07:30), ソウル(09:20)→成田(11:35)

 

成田空港の搭乗口にて。

実は、最初に予約していたのは午後1時近くの便であったのだが、1週間ほど前にオーバーブッキングが判明し、この9時30分の便に変更となっていたのだ。

初めからそうとわかっていたら違う航空会社にしたかもしれないのだが、そうは言っても始まらない。


朝9時半という時間と、お盆時期で混雑が心配ということがあったので念のため成田に前泊をした。

でも、始発で来ても間に合ったような感じではあった。 朝だから混雑が少なかったのかな、と思ったりもした。

ソウルまでは1時間半ほどで到着するが、国際線だけあってきちんと食事が出た。 飲み放題だし、とても快適だ。

それにしても、ソウルの乗り継ぎにかなり時間を取られる。お店やベンチで時間を潰すが、とにかくやることがない。

次からはなるべく直行便を選ぼうと思う今日この頃。(でも、値段差がかなりあるんだよね・・・。)

ここの売店では日本円も使えるようだった。 トランジットの為にウォンを入手するのも何なので、こういうのは助かる。(レートはともかくとして)

ロビーをぶらぶらしている時に、多くの人が眠っているソファーを発見。 2階のラウンジ横、無料の区域だ。

私もそこで仮眠を取ることに。2時間近くをそこで過ごした・・・。

そして、ソウル→バンコクの大韓航空機へ搭乗する。

搭乗口の近くはそれなりの混雑。


でも、お盆だからと言って特別混んでいる訳でもなさそうだ。 日本国内じゃないしね。

機内では、横の韓国人らしき人(韓国語の新聞を見ていた)は私のわき腹に肘を押し付けてくるし、前に座っている2人は後ろの人に何も言わずに椅子を思いっきり下げて来た。隣の人なんて、もう飲んでしまっていたからいいものの、椅子に押されてコップが倒れるほどの事態。 どうも、マナーが良くないようだ。 周囲を見回したところ、そこまで倒している人はそれほどいなかったので、たまたまかな? 海外においては、一人のマナー違反行為でも○○人(今回の件だと韓国人)として見られてしまうので、海外での挙動は気をつけないとと感じたそんな時でもあった。

そして、いよいよバンコクへ。 あと10分ほどで着陸と言うのに、窓の外には明かりが全く見えない。現在、高度4000mなので雲がかかって見えないのか、或いは、光が少ないのか。 やがて、いよいよ残り7分になった。小さな揺れと共に、雲の中を降りて行く。 そして、雲を抜けたら町明かりが眼下に見えてきた。 だが、かなり光がまばらだ。 日本の数十万人程度の地方都市という感じがする。(記憶によるもの及び感覚的なものなので正確ではない。)バンコクの人口は600万人ほどのはずなので、この差はエネルギーの使い方なのか或いは何なのか。

そして、到着。 その瞬間、周囲からは拍手と「フォー」という声援が。 アフリカ系の人たちは喝采すると話には聞いていたが、アジアでも声援が聞けるとは。 なんとなくアジアちっくでファンシーである。

そして、入国審査と荷物のピックアップ。だが、荷物の確認を誰も行わなかった。 噂には聞いていたが、盗みもあり得る怖い状況。

その後、両替をし、空港の外側ロビーへ。

これまた噂に聞いていたが、タクシーやツアーへの客引きがわんさかといる。 ”タクシーいりませんか?”の客引きに次々と話し掛けられる。

私は既にホテルを予約していたので無料のシャトルバスを呼んでもらおうと、インフォメーションなど何人かの人に聞いて回ったりした。 スリなどを多少警戒していたが、割と安全でちょっと拍子抜け。 さすがに、空港が危険だったら観光が成り立たないしな・・・、と思ったりもした。

そしてシャトルバスであるが、数十年前の自動車のスペックと言った感じで、かなり飛ばすもののクッションが悪く、ガタガタ衝撃が良く伝わってきていた。 道路の流れとしては東京の都内と言った感じで、自転車でも走れなくはなさそう。 でも、東京と違って運転手が荒っぽそうだからもっと危険な気がした。 車線変更のタイミングが、都内の道路に良く似ていた。 バンコク郊外でこれということは、繁華街は物凄く悪いということか・・・ と思ったりした。

ホテルは、思いのほか、快適で大きな部屋で、かなりびっくり。

場所は、COMFORT SUITES AIRPORT BANGKOK というところ。空港から2km、車で10分の距離。


部屋では、明日の為の支度をし、時差を修正してから眠りについた。


 

 

 

  ”バンコクからプーケット”へ / 戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]