メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  ”クラビ(Krabi)を離れる”へ / 戻る
 

クラビ(KRABI)のゲスト・ハウスにて

ツアーから戻り、まずはホテルを探そうと思った。

ツアー参加前に尋ねて行ったゲストハウスは対応が微妙な表情(私の言語力が悪いということもあるが)だったので、違うところを探す。 次に行ってみたホテルは、建物は立派そうなのにコンセントが部屋にないらしい。 そういうところもあるのだなあ、と思い、他を探す。 そして、ふと見つけたゲストハウスを尋ねてみる。 一泊180バーツ。150バーツだと”窓なし”らしい。 180バーツの窓ありの部屋が空いているようなので、こちらにした。 全く十分だ。コンセントもついているようだ。

身支度を済ませ、ツアーでびしょ濡れになったズボンの替えをどうにかしたいと思い、入り口のスタッフに尋ねてみることに。 すると、いくつかお店があるので、案内してくれるとのこと。 2人いたスタッフ、男女それぞれ1名、どちらも20代前半の2人のうち、女の子の方が案内役を買って出てくれた。

そこで、まず1件目に行くが、動きやすいものがないので2件目へ。 すると、2件目に行く途中で現地の若い男性諸君の軍団から、”ヘイ!”と声をかけられた。 私に対してなのか、この子に対してなのかはわからないがこの子は無視をしている。 私も、特に危害を受けるわけではないので無視をした。(現地人の女性と歩いていると現地の男性から声をかけられるとはどこかで読んだ話、そのものだ。)

そして、その2件目では、いくつかの良さそうなズボンを発見する。 1つはコロンビアのブランド品・・・とあるが、ほぼ確実に偽造品のもの。他のものもあったが、コロンビアの模造品にすることに。 店のおじさんはブランドを強調するが、とりあえず何も言わず聞き入る。 値段を聞くと、950バーツだが900バーツにしてくれるとのこと。 恐らく半値にはなると思われたが、まあいいやと思いそのまま買うことに。 又、帰りの飛行機で汚くなったズボンをはくのも嫌なので、更にもう1つ買うことに。 すると、お店の主人は奥から、”サイクリストであるのならばこれをあげよう”と言って、アメリカ軍の非常食キットを出してくれた。 中身を空けて、圧縮された食べ物と、水を入れると温まる袋と、その他、10種類近くの食べ物が入ったものをくれた。 面白いおやじさんだ・・・。 まあ、私がお金を出しているから機嫌が良いし女の子も気前良く案内してくれるのだとは思うが。(事前リサーチを元にした判断)

そして、帰ってきて、荷物を置き、今度は食事に出かけることに。 町をぶらつき、マーケットを発見。 中でいろいろ飲み食いした。 これまたおいしい・・・。 海鮮風卵焼きのようなものが特に美味しかった。 欲張っていろいろ食べる私。

そして、帰って来たとき、ちょっと不思議な状況が起こった。 入り口のスタッフのうち、女の子がいなくなっていて、男の人の方が、帰ってきた私を見て、少し悲しそうな目をするのだ。 んんん??? と思い、部屋に行こうと階段を登り、廊下を歩いたその時、後ろからスタッフの女の子に”おお。帰った? 食事、おいしかった?”と話し掛けられ、最初ちょっとびっくりした私は、ひとテンポ遅れて”良かったよー”と答えた。 その後、女の子は何やら指を上に指し、”上に上がるよ”と言ったのだと私は思い、恐らく部屋に帰るのだろうと思って私も自分の部屋に帰ったのだが、後から思うと、あれは確か”Go Up”と言っていたので、私を上に誘っていたのではないか? と予想できなくもないのだ。 私が階段を登ると女の子がその又上の階段のところにいたというシチュエーションも変だし、上を指差した仕草から言っても、誘っていたのだと見るのも不自然ではない。 入り口にいた男の子のスタッフが悲しそうな顔をしていたのも、自分の相方あるいは兄弟を他の人に抱かれるのは気持ちの良いものではない故にそのような顔をしていたと予想できなくはない。 何もなかったのであくまでも予想の範疇ではあるが。 最悪の場合、睡眠薬を飲まされて身包み剥がされたり・・・ ということもあるにはありそうだが、宿のスタッフなのでそれはないだろうと予想する。 あるのだとしたら宿ぐるみの悪事となるからだ。そこまでのリスクは犯さないだろう。 恋愛関係になって、”貢ぐ君”になってもらいたかったのかもしれない。 そう言えば、アジアの辺境の村にお金を運び続ける人の話をどこかで読んだことがある。

私は、自分の鈍感さにより誘いに乗ることはなかったが、もしあれが誘っていたのだとすれば、その後、どのようになっていたのかな? とはちょっと思う。 事前リサーチによると、東南アジアに来ると日本人は何故かもてたりするが、その多くはお金目当てと日本国籍目当てだったりするらしい。 すぐに寝たりする人もいるにはいるらしく、又、こういった人々に本気になってしまう日本人もいるのだとか。

そんな想像をふくらませ、”まあ、何もなかったのだからよしとするか”と結論付け、その日はすやすやと眠りに入った・・・

 

 

 

  ”クラビ(Krabi)を離れる”へ / 戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]