メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  ”サッカーグラウンドにて”へ / 戻る
 

クラビ(Krabi)を離れる

朝、目覚めは少し辛かったが、支度をした後に数分の2度寝をしたら気分が爽快になった。

昨日まで履いていた服を部屋に捨てようかと思ったが、あの子は私がこのズボンを洗うと思っているので、もったいないものを見せたくはない為に外で捨てることにした。 又、もらったアメリカ軍の非常食も、考えた末に、食べ物ならばもっと美味しいものがたくさんあるし、どんな代物かもはっきりしないものをこんなところで食べるのも何なので、これも、もったいないが捨てることにした。 少し負担となる重さなのだ。

支度をし、宿を出る。 入り口には、先日見たことのない人が1人、座っていた。 先日の男女組は見当たらない。 鍵を渡し、外に出て、走り始める。

そこは、昨日と同じく、通学ラッシュだった。 トラックタクシーやらバイクやら、制服を着た人がたくさんいる。 学校の前では、お菓子やら朝食やらを売っている屋台がたくさん出ていて、子供たちが思い思いに食べ物を買ったり、朝食を食べたりしている。

そんなところを抜け、通学の混雑地帯から数百メートル離れたところにある、とある食堂で朝食を食べることに。 そこでは、先日食べたようなおかゆ風のものではなく、昼間と同じような食事が置いてあった。 いくつかと、お茶も飲みつつ、食事を済ませる。

すると、どうも今朝はおなかの調子が悪いようで、その食堂でトイレを借りることにする。 そんな時、役に立つのが6ヶ国語本。 トイレを貸してもらったが、こちらのトイレは水のみで全てを済ませなくてはいけないので、毎度の事ながら苦労した。 多少は慣れてきたか。

そして、いよいよKrabi(クラビ)を離れる。

幹線道路に出るまでしばらく走り、続けて、幹線道路をTrang(トラング)に向けて出発する。

Trang(トラング)まで、130kmほどあるようなので、寄り道はせずに、道路沿いのもののみ見ながら進んだ。

道路沿いにあるものは、今まで通ってきたものとほぼ変わらないようだ。

車の群れ、バイクの群れ、トラックタクシーなどなど・・・。

途中、小さな町をいくつも通過する。

平らで、勾配がほとんどない道をひたすらに進む。 全体的に下り調子ではあるか。


日本の旅に慣れている人からすれば、タイの道は楽すぎるくらいだ。

2人乗り、3人乗りをしているバイクに次々抜かされる。


バイクは、たまに”よくこれで動いているな・・・。”と思うような、”錆び”或いは”泥”がびっしりついたものが走っていた。

全体的に、なだらかな下り調子なので、とても快適に進む。


今回はタイヤの気圧も高いので、息切れするということが全くと言って良いほど無い。

草原の中を走って行く。


町の中を走って行く。

 

 

 

  ”サッカーグラウンドにて”へ / 戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]