メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  ”トラング(TRANG)の朝”へ / 戻る
 

トラング(TRANG) その2

そんなこんなで、ようやくTrang(トラング)に到着。

この町はでかい。 電車も走っている。

 

街中を走っていたら、ふと、目の前に見えてきた白い塔に目を奪われた。


どうやら、その白い塔は道の脇の寺院内にあるようなので中に入ってみることに。


この、大きな白い塔。

何かはわからないが、とても魅力的だ。



そして、寺院を離れる。


寺院から出て少し進むと、いきなりマーケットの中に突入する形となった。


段々、混雑が増して行く。


マーケット。


盛んに取引がなされている。 タイは裕福で、マーケットでほとんどの物が手に入る。(多分)

そして、とりあえず宿を探そうと思い、駅前に行けばツーリスト・インフォはあるだろうと思ったので行ってみることに。 そうしたら、ありました。 今までの町のように、どこにそれがあるのかさ迷うこともなく、一発で発見した。 すると、3つほど候補をあげてくれ、そのうちの1つを選ぶことに。

私は、手ごろなところを選ぶことに。 ツーリスト・インフォに来る途中に”あ、宿がある”と目をつけていたところが割と手ごろのようなので、そこにすることに。 260バーツ。 部屋は広くてバスルームも部屋の中にきちんと付いているので値段相応に十分である。

シャワーを浴び、荷物を少し出し、散歩へ。 食堂で食事を済ませ、町をぶらついた。 すると、何やらお祭りのようなものをやっているのを発見することに。 なんだこれは・・・。 スピーチ大会のようなものをやっていたり、小さな女の子がダンスを披露したりしていた。 特に、ダンスに使われている音楽が演歌風のメロディーと共にハイなタイ人が愉快に歌っているといった風のもので、演歌風のメロディーもタイ人にかかってはこのような愉快な歌になるんだ・・・ と思いながらダンスを眺めていた。

お祭りの屋台でアイスクリームのようなものを買ったとき、一緒に何かを手渡された。

ジグゾーパズルの一片? なんでだろう? と思って聞いてみたら、どうやら、”心の一部を分け与える”とか”記憶に残ります”とか、そういう意味のあるものらしい。(ちょっとニュアンスを伝えきれないのが舌足らずで無念だ。) 恋のようなものか、とも少し思った。 上品で心のこもった習慣・慣わしだ。
屋台でもらったジグゾーパズル

ここで、今回の旅においてプーケット空港以来の日本人カップルを初めて見た。 話はせず、いつの間にかどこかへ行っていたが。


そして、駅前まで戻って来て、宿に戻ろうとする。 が、いきなり、開いている2件の雑貨屋の人に呼び止められる。 なんだこのしつこいおばさんは・・・ と思ったが、とりあえず何事も経験だと思い、そのうちの1つに入ってみることに。 すると、私の視線を読み取るやすぐに”これは30バーツだ。”と言うが早いがレジの方に持っていこうとする。(苦笑) 私はNoのジェスチャーをすると、いきなり20バーツに下がる。(笑) が、レジの人は25バーツと言ってくる。 私は、そのおばさんに対して”20バーツ。OK?”と言い、しつこいおばさんは”OKだよ。さっさと行きな”のような軽いジェスチャーをしてきた。 きついジェスチャーではなかったから特に何も思わなかったが、人によっては気分を害するかもしれない。 私が持っていた他店購入の袋を勝手に触って”これは何だ”とずうずうしくも聞いてくるところも人によっては拒否反応を示すだろう。

そして、ようやくホテルに戻ろうとした時、駅前の屋台前にちょっとだけ立ち寄ったら、日本人の旅行者(1人)に話し掛けられた。 姿形を見る限り、ちょっと汚い風の服を着た、いわゆる”貧乏旅行しているバックパッカーです”という人だった。 私は、タイに来てからこういう人をまだ見ていなかったので、”なるほどー”と思いつつ眺めた。 この人はこれからマレーシアまで南下するらしく、私も同じくそちら方面に行く予定なので情報交換はあまりできなかった。 この人は先ほどトラックタクシーで着いたばかりで、マーケットも閉まっているのでどうしようかと思っているところだったそうだ。 私は、その通りを少し進むとお祭りがやっていることを伝えた。

そして、ようやくホテルに戻る。

明日の計画は、まずはPhatthalung(パタルング?)を次の宿泊地と定め、途中にあると思われる国立公園で時間を使うことにより、夕方近くにPhatthalungに到着することを目指す。 そして、次の日は最終目的地であるHAT YAIに到着し、帰国便に搭乗する次の日の予定としては午前中にHAT YAI観光か何かのツアー、そして夕方の2~3時間を空港への移動に費やそうと思う。

始めは大体の距離で開始地点と終了地点を設定したが、割と良いスケジュールになってきたと我ながら思う。

 

 

 

  ”トラング(TRANG)の朝”へ / 戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]