メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  次へ / 戻る
 

ファランポーン駅からアユタヤへ

朝の目覚めは6時半、ちょうどよい時間だった。とは言っても日本時間では8時半である。朝食を取った後、身支度をし、ファランポーン駅へと向かう。 それにしても、今回、一番美味しいのはホテルの朝食だったのはなんということか。食事に外れ続けている。

タクシーを拾った後、ファランポーン駅へ。 本当は先日から当たりだった「水色と赤のタクシー」を拾いたかったのであるが、なかなか来ないので違う色のタクシーを拾ってみた。すると、予想通り大失敗。 とは言っても、きちんと「メータを使うように」言ったところ、その通りに言ってくれた。 駄目なお兄さん運転手であったのだが、きちんと仕事をこなしてくれたので良いとする。
オススメの「水色と赤」のタクシー

さて、アユタヤまで電車で1時間半。8時20分の電車があるようなので乗ることに。本当は2等を取りたかったのであるが3等しかないということで3等を選ぶ。20バーツ。鉄道はさすがに安い。

ホームに行き、鉄道を待つ。 従業員が11番ホームと言ったのだが、変更があったのか何なのか10番ホームに入ってきて、聞いたところこの電車がそうだということで、みんなも同様に戸惑いつつ10番ホームの電車に乗り込んだ。

電車は、何度も止まりながらゆっくりと進んで行く。

線路上で停車している間、天井で何やら足跡が・・・。 何事? タイ式の工事か何なのか・・・。

そんな時、ふと窓の外を見ると、汚い家の外で汚い洗い桶で洗い物をしているおばさんに電話がかかってくる。携帯電話だ! びびった! このおばちゃん、携帯電話持っているよ! って、偏見はいけないな・・・。そういや、今やアフリカのマサイ族でも携帯電話を持っているというシーンが映画であったっけ。(製作した時は作り話だったかもしれないが、数年経った今では作り話ではあるまい。)

そして、電車は走り出し、アユタヤへ。

 

 

 

  次へ / 戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]