メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  ”ハイヴァン峠(Hai Van Pass)、そしてダナン(HaNang)”へ / 戻る
 

人の良い自転車屋さんとの出会い

そして、快適な道をどんどんと進んで行く。

この先、いくつかの峠があった。


だが、どれもそれほど高い峠でもなかった。

湾の横を、進んで行く。

湾の海岸線を横目に、進んで行く。

まっすぐな、この道。

遥かに広がる景色。

遠くの山々まで、透き通って見える。

この先、ちょっとした峠があるようだ。

峠をクリア。


日本の峠に比べれば、何と楽ちんなことか・・・。

海岸線のこの道を、ずっと走って行く。

ここで、自転車屋に立ち寄ってみた。 潤滑油が置いていないかと思ったからだ。すると、売ってはいないが、つけてくれるという。だが、何か様子がおかしい。 どうも、フレームの色塗りと勘違いされているようだ! 危うくペンキのようなスプレーをされるところだった・・・。

そして、油をつけてもらった。

油は、とても調子が良かった。 今までが嘘みたいに快適になった。 その自転車屋さんのおやじさんには、2000ドンのお礼をした。 最初はお金いらないような態度(恐らく)を取っていた、人の良さそうなおやじさんだったが、払わないのも何なのでいくらか聞いてみたのだ。 おやじさんは、しばらく拍子抜けしたような顔をしていたが、何度も聞くうちに、やがてワンダラーと答えてきた。 だが、その言い方も、”まあ、もらえるのならば・・・”といった態度だ。

このおやじさんには共感を覚えたが、いくらなんでも1ドルあげ過ぎだと思ったので、私が電卓で1000ドン、これで良いか? と聞いてみた。すると、何か勘違いしたのか良いと答え、それに応じて私が2000ドン渡すと ん? という素振りを見せるおやじさんだった。 だが、おやじさんが再度電卓を覗き込むと1000ドンだったので ああー と大笑いすることに。 周囲に集まっていた子供たちも、その様子を見ていて”わははははー”と笑っていた。 値段交渉にしても、嫌らしくない。人の良いおじさんだ。

 私はそれを見ていて、1000ドンは少ないかな? と思って2000ドンに打ち直し、それでよい? と聞き、2000ドンを渡すことに。 だが、意思疎通が不十分だったのか、おやじさんが1000ドンのおつりを渡そうとしてきたので、私は”いらない”とジェスチャーをした。 両者ともに”OK”となり、そして、その場を離れることに。

なかなか良い経験だった。 このような人の良い人たちに巡り合えるとは。

この、ちょっとした経験が物語っていることは、”ベトナム人は、誰でもぼったくろうとしている訳ではない。 なんとなくそんなものかと思って値段交渉しているだけの人もいるのだ。”と。

この経験で、私の中のベトナム人好感度はアップした。 それでもまだ負が大きいのだが。

そして、再度、小さな峠へ。


見違えるほど快適だ。

ホーチミンまで1022kmの標識。

峠からの景色。


低い峠だ。

峠を越え、向こう側へ。

遠くまで沼地が広がっている。

山々が、そして木々が、豊かに連なっている。

ちょっとした川。


向こうの橋は、電車の為の橋のようだ。

再度、小さな峠から。


これまた良い景色だ・・・。

再度、海岸線に入る。

そして、いよいよフエ(Hue)とダナン(DaNang)間における最大の峠、ハイヴァン峠(Hai Van Pass)へと向かう。

 

 

 

  ”ハイヴァン峠(Hai Van Pass)、そしてダナン(HaNang)”へ / 戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]