メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  ”ホイアン散策”へ / 戻る
 

ホイアン

そして、いよいよホイアンに到着した。


17~19世紀にかけて栄えたこの町は、早期の西洋貿易商に”フェイフォ”として知られていたらしい。
ホイアンの看板。

ホイアンは、旧市街が世界遺産に登録されているというところで、日本からも修復支援が行われているらしい。


当時は、日本にとっても重要な寄航港だったようで、日本人がいた面影も見ることが出来る。

街中は、なかなかよく整備されている感じだ。

町の中心部に近づくにつれ、観光客が段々増えてきた。

そして、ホイアンの街中をぐるりとした後、とある一つのホテルに泊まることにした。 ここはロンリープラネットにすら載っていない宿であるが、申し分なかった。 ファンのみの部屋で8ドル、エアコン付で10ドルだ。 少しだけ見劣りする点はあるものの、先日の16ドルの部屋や先々日の20ドルの部屋と大差ない作りになっている。

ここで、明日のミーソンツアーを予約する。 ホテルはどこでも予約できるというが、本当にその通りのようだ。2ドルで往復のツアーを申し込んだ。8時に出発して1時に帰ってくるようだ。 ガイドブックには2時帰りとあったので、そのくらいまで見ておいた方が良いということなのだろうか? とも少し思ったりした。

そして、荷物を置き、一度シャワーを浴びてから旧市街の散策へ。

屋根付き”日本橋”。


日本っぽくない橋ではあるが・・・。
屋根付き”日本橋”

日本橋の向こうは、アート通りとなっていた。


絵画などが飾ってあるアート・ギャラリーがたくさんだ。

そして、日本橋まで戻り、川沿いに散策をする。

川の上に、水に浮かぶレストランがいくつかある。

街中の通りは、どこも落ち着いている。

旧市街を歩いてまず思ったのが、何と言っても”日本人がいる”ということ。

ただ、カップルがそれほど多くなく、日本人女性は欧米人連れであることが多く、男性は一人の場合もそれなりにあるようだ。

大体の見た人数で言うと、カップル:シングル女性:欧米人連れ女性:一人の男性:不明な団体客 = 10:1:4:2:4 くらいだろうか? 日本人女性の一部は欧米人に食べられちゃっているのかな? と思わざるを得ない状況。

実際、こちらに来て、アジア人女性と欧米人男性という組み合わせに対する欧米側から見た視点がよくわかってきたので、アジア人女性と欧米人男性という組み合わせだけで、欧米人男性が一時の快楽の為にアジア人女性を連れまわす、というイメージが思い浮かんできてしまうのだ。

なので、日本の女性と欧米人男性のカップルを見ると、ついつい「ああ、食べられちゃった。」と心で思ってしまう私がいる。 もしかしたら、逆もしかりで、一人で歩いている日本の男性は「また女買いに来たのか。」と思われているのかもしれないけれども。

数少ない日本の女性のシングルは妙にぶすっとした顔で歩いていたので、彼氏と喧嘩したのか、或いは私を見て「この女買いの屑め」と思っているのかもしれない。 私の方をちらりとみたあの表情からはそのくらいの予測しかできないけれども。

川を挟んで向こう側へと渡る橋。


川の向こう側にも、レストランがいくつか見える。

そして、街中を更に散策。

街中で、ふとフォーを食べてみたら、なんと5,000ドンだった。私がいつも10,000ドンで食べていたのは、地方価格なのか何なのか。 ホイアンは競争が激しいようなので、その影響かな?

そして、更に川沿いの散策をする。

観光船が、川に浮かんでいるのが見える。


そうこうしていると、「船に乗らないか?」との勧誘も多々あった。

そんな中、川沿いを、ぼちぼちと歩いて行く。

 

 

 

  ”ホイアン散策”へ / 戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]