メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
 
 


トラブル対応

ブレーキによるタイヤトラブル対策


今のところ、私が遭遇する自転車トラブルの筆頭がこれです。(単純なパンクを除く)

下の概念図を見てください。 左が正常な状態、右が悪い状態です

 
正常な状態   悪い状態

 正常な状態ではブレーキがきちんとリムに当たっています。 しかし、悪い状態のブレーキはリムとタイヤの中間に当たっています。 これが進行するといわゆる「タイヤの横割れ」状態になり、修理不可能なタイヤ破損へと繋がります。 ただ単に整備が悪い場合もありますし、ブレーキシューが磨り減ると当たるようになる場合もあります。

 1週間程しか使っていないタイヤであってもブレーキが当たればすぐに横割れが起こります。 同様に、新しいブレーキであっても長い下り坂を降りていたりすると割と早く擦り減ったりして、位置がずれる場合があります。 よって、新しくとも頻繁なブレーキ位置の確認が必要です。(横までも厚いゴムで覆われているようなタイヤはトラブル起こりにくいかもしれませんが、ブレーキの方が壊れそう?)

 経験上、下り坂のブレーキ中に「どこから出ているかわからない”シュルシュル”という小さい音」が聞こえたならばこの症状である可能性が高いようです。 早期発見した場合はすぐにブレーキ位置をずらし、小さな穴が空いてしまった場合は丈夫な布をタイヤとチューブの間に挟んで補強します。大きな穴が出来た場合は素直にタイヤを交換しましょう。

※前にこのトラブルが起こった時、「ドライバー用手袋」をあてがったところ、薄いし丈夫で水にも強く、結局、数百キロほどそのまま走ってくれました。 が、どんな丈夫な布であれ、あくまでも緊急用として考えた方が良いです。

平成16年2月7日 21時0分 記

 

 

 

 
 
□バイク用品
 

GARMIN's GPS
  GPSMAP 60CSx
(バイクページへ)


□アウトドア用品
  ■テント
  ■シュラフ(寝袋)
  ■ストーブ(コンロ)
  ■ハクキンカイロ
  ■その他小物
□カメラ
  □*ist D (PENTAX)
□旅の資料
  ■Web資料保存方法
□ホームページ作成用
  ■各種ツール

□自転車トラブル対応
  ■タイヤトラブル対策

□その他
  ■C#メモ
  置く場所がないのでとりあえず
[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]