メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  戻る
 

日光・いろは坂と中禅寺湖


次の日。この日は、朝から雨だった。昨日より、少し強くなったかな。

でも、雨具を着てしまえばそれほどでもない。快適な感じ。

今日は、朝御飯をきちんと買ってなかったので、とりあえずパンを食べて、片づけをして出発とする。

そこにある売店のところで、いろは坂を下ったところにある温泉が何時から開いているかを聞いたら、町営なので多分8時半なんじゃないかなあ、とのこと。私はその言葉を信じ、行ってみることにした。

片づけをした後、中禅寺湖のまわりを再度戻る感じで走る私。

明け方は気持ちいい。自動車の通りも多くなく、排気ガスの不快な臭いもしない。

いろは坂を下る前に、華厳ノ滝(けごんのたき)を、ちょっこら見に行った。

前回来たときはエレベータで下まで行ったが、再度行くこともないと思い、上から眺めて終わりにした。


その近くで食堂が開いていたので入ろうかとも思ったが、外から値段表を眺めてみると、明らかに観光地価格だったので、やめた。

やはり、中禅寺湖で何か食べるものではないな、と思った今日この頃であった。

 

 

華厳ノ滝周辺の写真
   

さて、いろは坂を下る私。いろは坂は、登りに比べるとカーブがきつい。

タイヤがスリックタイヤということもあり、雨で滑ると怖いので、タイヤをいじめないよう、ゆっくりと進む。

途中、山々の切り立ちがすてきで、とても印象に残った。

 

 いろは坂を下る途中で見れる、方善滝(左)と般若滝(右)

 

 般若滝

方善滝 

 

 

日光の深き山々

さて、いろは坂を下ったところの温泉、早速行ってみた。

・・・が、開いてなかった。どうやら、10時からとのこと。ふうむう。

中禅寺湖のところの地図で書いてあった、日光駅を少し越えたところにある、銭湯のようなマークのところに望みをかけ、そこを立ち去った。

まあ、2回同じところに入るよりはいいか、という気持ちも、ちょっと、した。

さて、そこから日光市内へ。

東照宮は前に見たので、今回は通り過ぎる。なんだか、一度見たからあまり興味がないというのが本音だ。出雲大社とか伊勢神宮は2度でも見に行きたいと思ったのに。

不思議なものだ。

さて、そんなこんなで、今は日光市内のガストにいる。

やはり、日光のような観光地で食堂に入っても、あまりいいところには巡り会えないことが多いし、こういう、チェーン店の方が落ち着くのだ。

 

ふと、今回の短い旅を思い返す。

9月14日に東京を出てから、3日ほど経った。短いようで長い。やはり、自転車の旅は濃度が濃い。

今回は、石裂山のふもとの山小屋に住んでいるatul(アトゥール)の家に遊びに行き、時間があれば日光の方へと足を伸ばしに行った旅だった。東京都内を脱出まではなんとか順調。埼玉の大宮と浦和のあたりで少し行ったり来たりしたが、その他は大体順調だったと言える。日光街道を北上し、一路石裂山(おざくざん)へ。石裂山は、思ったよりも行きやすいところだった。

...


日光街道をひた走る

今日は、一日中雨のようだ。

まあ、たまにはこういうこともあるか。いつも晴れというのも、それはそれだ。

ゴアテックスの雨具は、雨はほんとによく防いでくれるので雨の
心配はそれほどしなくてもいいが、その反面、大地を感じる力が
弱まってしまう。困ったものだ。

ここから、少し走ったところにある、日光の温泉に行った。

日光の駅から少し宇都宮方面に走り、線路を越えてからしばらく線路沿いに走ったところに、それはあった。

ここは、少し狭いところではあったが、温度が高く、あっちあっち言いながら入った。

たまにはこういうのもいい。

温度が高い温泉といえば、知床の温泉も熱かったな、というのをふと思い出す。懐かしい。

そこの温泉は、濃さはあまり気にかからなかったが、やはり温泉は心地のよいもので、気分がとてもよかった。

 

 

そのあたりから、益々雨が強さを増してきた。

でも、私は気にせず進む・・・。

線路の向こう側の道に合流するには少し戻らないといけないらしいので、銭湯のおじさんに聞いて、そのままこの前の道を今市市(いまいちし)の方にまで抜けることにした。

これがまた、とても心地のよい道で、とてもよかった。

車の通りも少ないし、快適な道だった。

今市市、そして、鹿沼の方にまで抜けていった私。

途中、今市市から鹿沼までの道は、杉の間を抜ける道だった。

そういえば、昔、何かの画面で見たことがある。

これが、度々出てくる、日光の杉並木か。ふむう。

確かに、心地のよい道だ。

この道は、なかなかに整備されていた。ずっと下りだし、心地よかった。

雨のせいか、車の排気ガスもあまり気にならない。

雨の日の方が自転車を楽しめるかも、と思った今日この頃であった。

さて、そこを抜け、鹿沼に入る私。

鹿沼は、そこそこの町だ。

私は、東武の新鹿沼駅から電車に乗ることにした。

その前に、腹ごしらえだ。

駅前の交差点にあった、COCOとかいうレストランに一瞬入ったが、禁煙席が開いているように見えるのにも
かかわらず、私が一人だからか、喫煙席にまわされて、注文に来るのも遅かったので、私は食べずにそこを出た。

ううむ。

一方、その目の前の食堂らしきところに入ったら、自家製麺と、セットのみそらーめんが、具がたくさん入っていてとてもよい!

こっちに初めから来ていればよかったか。

さて、新鹿沼の駅から帰る私。

東武の電車、もしかしたら初めて乗ったかも・・・。

まわりは田園風景が続き、やがて、乗り換え。

乗り換えが自転車にはこたえる。しかも、かなり遠くのホームにまで延々とあった日には・・・。

そんなこんなで帰って来る私。

やはり、短い休暇でも自転車で出かけるべきだ、そう思った今日この頃だった。

 

 

 

  戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]