メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  次へ / 戻る
 

湯滝の遊歩道 その3

一見静かな。 でも、割と人の多い森を行く。

木々の中で。

遠くに水を。

遊歩道を行く。

歩いて行く。

そして、途中、ようやく、自分が戦場ヶ原の方に向かっていたのだということに気づき、そして、戻ってきた。

それまではずっと、白根山の方に向かっているとばかり思っていたのだ。


どうりで、こんなにも人が多いはずだ、と。

遊歩道にて。


湯滝の近くにまで戻ってきたところ。

木々の茂みと、それと対照的な人の多さと。

自分自身、ここ数年、都会暮らしの絶頂を経験し、森との一体感を失いかけている。

そんなこの時、森に来ても、森とのシンクロよりは人の人影の方が気になってしまう。

森は、私に語りかけてはくれなかった。


私のような者など、近づかないでくれといわんばかりに。

茂みは、遠く、近くには人がいた。

騒がしい人並みの中に、私も同じくしてそこにいた。



私は一人で、誰とも話してはいなかったが、森から見れば、小うるさい人間としか写らなかったであろう・・・。

私は、森との一体感に失敗した。


そして、ここを後にした。

そして、湯滝を後にする。

 

 

 

  次へ / 戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]