メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  戻る
 

小田代原から湯滝経由、湯元へ

そして、小田代原へと向かって行く。

右には、山々が。

道は続く。

左手には、このような素晴らしい紅葉が。

やがて、小田代原へと出た。

中には入れないが、周囲を取り囲むように遊歩道が整備されている。

この頃になると、空もそれなりにどんよりとしてきていた。

小田代原の姿。

少し車道を歩き、その後、遊歩道に入った。

この時間になると風も冷たくなり、体も冷えてきた。 手が冷たいので、手袋があればよかった。

山々を眺めつつ、遊歩道を歩く。

右には、小田代原の姿が。

やがて、小田代原を離れ、湯元へと続く遊歩道へと入る。

左右の紅葉を眺めつつ。 でも、早く湯元に着いて温泉に入りたかったので、この頃から早歩きになっていた。

看板では湯滝まで1時間10分と書いてあり、湯元まではその1.5倍くらいの距離だったので、今は4時だから5時半くらいまでに着ければよいかな? と考えつつ歩いた。

湯川の遊歩道。

湯川には排水も流れているのか、”あぶく”が見えたのが気にかかった・・・。

そして、湯滝に到着。 看板にはここまで1時間10分と書いてあったが、思いのほか早く来れた。 ゆっくり歩いて来る時間が書いてあったのかな。

湯滝にて。

そして、湯滝の横にある階段を登り、湯湖へと至る。

湯湖の周囲に整備されている遊歩道を歩き、湯元の温泉街へと急いだ。

途中、今日始めて猿を見た。3匹も。家族だったのかな。 (最初見た時、熊かと思ってあせったよ。(笑))

そして、湯元温泉の日帰り温泉”はるにれの湯”へと入る。

ここの温泉は硫黄の湯で、日帰りの範囲ではかなりのお気に入りに分類される。

ゆっくりと浸かってから、6時15分のバスで家に帰りました。バスも電車も、今日が金曜日だからか、ほとんど混んでいなかった。 来るときはとても混んでいたのに。

 

 

 

  戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]