メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  「久能山東照宮・博物館」へ / 静岡のページへ戻る
 

家康の御廟所(ごびょうしょ。 お墓のこと。)

本殿にお参りをした後、本殿の更に奥にある、御廟所(家康が眠っているところ)に行く。

ここは、ちょっとわかり辛く、売店のところにある張り紙を見なかったら、そのまま帰っていたところだった。

(いつものことながら、下調べ不足ということもある。)


御廟所(家康の墓)への道。

すぐ上の写真の扉のすぐ奥にある門。

これは、廟門(びょうもん)と言うらしい。 辞書によると、「廟堂または宮殿の門。 」という意味のようだ。

 


廟門(びょうもん)をくぐり、急な階段を上ってゆく。

階段を進む。  ここは、御廟所参道(ごびょうしょさんどう)。

その先にある、ここが、その、家康の眠っているところのようだ!

左奥に見える御堂のようなものが、それのようだ。


ここには、家康の遺体そのものが祭られていて、日光の方には、神となった家康の魂が祭られているらしい。

ここに埋葬したのは、家康本人の遺言によるものらしい。


そして、その横に、「金のなる木」の木があった。

そして、その看板と共に。

金のなる木の説明。

(クリックすると拡大します。)

 

家康のお墓は、杉に守られていた。

いわゆる、天狗が墓を守っているのかな???

クリックすると拡大します。

こうして見て見ると、やはり、日本の神社・神道的なものの影には 杉 がつきまとうのだなー と思う。

天狗が現れるのは決まって杉の林と決まっているみたいだし。 天狗が住んでいるのは杉の木の上だとも。

そして、戻る。


ふと見ると、神社の神主さん(見習?)のような方が登ってきていた。

一昔前、10年くらい前には、「なんでこんなところに人がたくさんいるの? 出費の無駄」とか思ってしまっていたこともある私であるが、全ては 日本 というものを知らなかったが故の誤った考えであったと今は思う。


周囲は雪のない冬景色で、葉の落ちた木々が広がっていた。

 

日本の心は、このような神社の姿に眠っている。

今は、そう思う。

この国の泉は深い。 そう、言った人がいる。 私も、そう思う。


そして、東照宮から見下ろしつつ、神社を後にする。

 

 

 

  「久能山東照宮・博物館」へ / 静岡のページへ戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]