メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  バイク    旅の道具
  「登呂遺跡へ」 / 静岡のページへ戻る
 

久能山東照宮・博物館

そして、続いて、博物館(資料館)に立ち寄る。

中には、こういう博物館には必ずある、刀の展示がされていた。

又、この地方の地図もあった。これは、この地方を治めていた、土地の地図。

ここにも、心当たりのある苗字はなし・・・。

そして、手がかりもなく、博物館(資料館)を後にする。


出たところには、資料館の横にも、このような狛犬(こまいぬ)が。


一応、「狛犬」の意味は以下の通り。(これは有名かな?恐らく。)

「〔高麗(こま)の犬、の意〕神社の神殿や社寺の前庭に置かれる一対の獅子(しし)に似た獣の像。ライオンを基に形象化されたもので、初めは犬に似ていたが、平安末期に獅子に近い形になった。こま。」


帰り道。

武田信玄に仕えていた軍師、山本勘助が彫ったと伝えられる井戸。

遠くの空を見下ろす。

ずっと降りて行く。

登りと、下りと、それぞれ違った景色がある。

下ってきたら、時間のせいか、段々と人が多くなってきたような気がする。

(それ故に、観光名所には時間が早く到着するように心がけている。)

久能山の東照宮は、小さいながらも立派な建物だった。
 

 

 

  「登呂遺跡へ」 / 静岡のページへ戻る
 
 
メキシコ
エジプト
イタリア
タイランド
台湾
ベトナム中南部
アメリカ・アトランタ
パリ

 
北海道
東北
日光
関東
信州・八ヶ岳
木曽・中仙道
静岡・伊豆
奈良・大和路
四国(剣山スーパー林道)
中国地方(出雲/山口
九州
屋久島

[ リンク ]
アウトドアグッズ通販
自転車・パーツ通販
バイク用品通販
自動車用品 通販
 
バッグ・小物 通販
ジュエリー・アクセサリー 通販
美容・コスメ・香水 通販
ペット・ペットグッズ 通販
スイーツ・洋菓子・和菓子 通販
 
メインメニュー  HOME  瞥見記  バイク  動画館  写真館  旅の道具   

Copyright(c) 2000-2008 eternity. All rights reserved. [連絡先]